飲み物をこぼさないために

運転していると、つい何か飲み物を飲もうと思っていても、わき見運転になってしまったり、注意が疎かになってしまうことが珍しくありません。

 

 

そうなると、飲み物をこぼしてしまうリスクも当然ながら高くなってしまいます。

 

 

そのような事を防ぐためにも役立つものとしてドリンクホルダーがあります。

 

 

うまく活用すれば、運転のときに妨げになりませんし、飲み物の冷却や取りやすさを確保することができます。

 

 
最近は、ペットボトル、缶、紙パックと実にさまざまな飲み物の種類があるので、それらのすべてに対応しているドリンクホルダーはありませんが、一般的に丸型になっているので、丸い飲み物であれば、だいたい、対応可能です。

 

 

ただし、これもメーカーによって、設置できる規格や強度が違うので、ドリンクホルダーを破損させてしまうことは珍しくありません。

 

 

このあたりのケアについては、十分に意識しておかないと、あとで失敗してしまうことになります。

 

 

飲み物がこぼれてしまうとシートや服を汚してしまいますし、臭いの原因になってしまうことがあります。そのようなリスクを考えるのであれば、早期に対処しておく方が安心といえるので、ぜひドリンクホルダーをうまく活用してみてください。